読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mushimeganeの日記

いまを考え、これからを想像する。どうなる未来?!

閉店が決まった「新宿グリーンプラザ」との思い出を書いてみたよ。

 

およそ1週間前に話題になっていたが、

新宿歌舞伎町にある「新宿グリーンプラザ」

2016年12月25日を持って終了となるそうだ。

閉店のお知らせ

この度平成28 年12 月25 日(日) 午前10 時をもちまして、【グリーンプラザ新宿】【リラックスパシンジュク】は営業を終了させていただくこととなりましたのでご案内申し上げます。 営業開始から34 年間、多くのお客さまにご利用いただき、支えられ、営業を行ってまいりました。これまでご愛顧いただきました事、誠にありがとうございました。
営業終了まで残りわずかな期間となりましたが、これまでと変わらぬご愛顧賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 

振り返れば学生時代から新宿グリーンプラザにはお世話になり10年以上の付き合いだ。

とはいえ、イビキが響きわたる雑魚寝スペースで気づいたら寝ていたことは数知らず。

 

グリーンプラザは少なくても三ヶ月にいっぺん、多い時は月に2回くらいのペースで行っていた優良顧客だと自負している。

上司やクライアントに怒られたり、仕事でどうしようもなくなると
私の足は歌舞伎町のグリーンプラザに向かっていた。

土日何もやることがない日も、一日中サウナを楽しんだ。

私の秘密基地だったことは間違いない。それだけグリーンプラザには価値があった!

 

具体的に

ぼくがグリーンプラザを好きな理由としては、

  1. 紙のクーポンよりもお得なモバイルクーポンがあること
  2. 居酒屋レベル(中級以上)の食堂を有し、食べて飲むことができること
  3. ロウリューを教えてくれたサウナと、新宿の夜空を見上げるジャグジー

一つ目の理由は、モバイルのクーポンにいつもアクセスし、普段利用した後にもらえるクーポンよりもお得に使えたからだ。10時間利用でも2,400円のところを1,600円ほどで利用することができるという金額メリットというよりも、紙でクーポンを配ることを続ける姿勢に心を打たれているやもしれない。

 

二つ目の理由は、そんじょそこらの居酒屋なんて比ではないほど、普通に飲んで楽しめる。特にカツカレーは鉄板です。(もう終わっちゃうけど涙)仲間内で行く時は、サウナがついた朝まで行ける居酒屋感覚で活用していた時もあります。

 

三つ目の理由は、サウナとジャグジーですね。ロウリューという熱風を浴びるサウナスタイルを若い自分に教えてくれたのもグリーンプラザでした。グリーンプラザでは、サウナ↔️水風呂に入るというよりはサウナ↔️ジャグジーを繰り返すスタイルでした。

 

上記、三つの理由をあげてみたけど、

グリーンプラザは、コマ劇にある某サウナや、新しめなてる○ーゆなどとは別物であり、大好きな郊外のスーパー銭湯とも世界観がまったく違う、唯一無二の存在である。

昔ながらの、東京への出張者や終電を逃したサラリーマンや学生から、

最近では訪日外国人のバックパッカーが増えたりしていてまだまだ需要はある気がする。

 

 

運営元を始めて調べてみると

安達事業グループという会社で

総称 安達事業グループ
事業内容 レジャー事業
8箇所のリゾートホテル、3箇所のゴルフ場、2箇所のテーマパークに加え、スキー場、ブライダル施設、シティーホテル、カプセル&サウナ・スパ、飲食店、会員制事業、オフィスビル等の数多くの施設を全国に経営・運営。
教育事業
東京デザイナー学院、東京スクールオブビジネスなどデザイン、ビジュアル、ビジネス、観光系の専門学校を全国に17校経営。
設立 昭和33年(グループ始業)
資本金 3億9500万円(レジャー事業合計)
売上高 137億円(2012年度レジャー事業実績)
従業員数 約1,200名(レジャー事業合計)

レジャー事業だけではなく、教育事業も展開されている事業形態のようですね。

ふむふむ。安達事業グループさんは上場企業ではないのでこれ以上探ることできません

が昨今のインバウンドブームで留学生、観光客はつかんでいるのでしょうかね。

(がっちりつかんだグリーンプラザのハートも大事にしていただきたいなぁ。。。)

 

グリーンプラザ新宿の閉店後にも注目していきたいですね。

ひょっとしたら、新宿の別な場所にグリーンプラザが復活する可能性はゼロじゃない?!

 

とにかく、12月25日 10時までなので、

名残惜しい方、まだ行ったことない方はグリーンプラザへ!

 

(了)