Mushimeganeの日記

いまを考え、これからを想像する。どうなる未来?!

中学受験生の夏休みと自由研究をアラサーが振り返る

f:id:yooshu:20170819145640j:plain

image from Pakutaso: モデル:ゆうき

 

 

夏休みの自由研究で”親のレベル”がわかるといった強いタイトルで、
いい自由研究をやる子は、中学入試の結果につながってくるという記事を読んでだいぶ前の受験組の感想を記す。

president.jp

 

8月も中旬になり、毎日やっていればよかったはずの夏休みの宿題を一気に処理しなくてはいけないと家中がドタバタしているのではないか。

ひょっとしたら家族総動員で子供の宿題をやっているかもしれない。

宿題をきっちりやれなかった少年時代を思い出すだけで辛い。。。w

 

親が考えなければいけないのは、子が「期限に間に合うよう、自由研究を終わらせる」ことではなく、子が「自由研究を通じて、自らが探求心を醸成していく」ように導くことだ。 

 

自由研究を通じて、自らが探究心を醸成していくこと。

小学生の時にん自分がやっていたことを振り返ると、カブトムシの観察、蟻の巣観察、稲作観察、アサガオ観察、メダカ観察やっていたなーと、思い出した。

日々の変化をおったり、毎日見ていて新しい気づきがあったりとやっていたなーと

思うのと同時に、全然気づいてなかったけど親がアシストしてくれていたなーと思う。

感謝感謝。

 

そして、

あまり大きな声では言えないが、自由研究の出来不出来は、その子どもの親の“レベル”を反映しているかもしれない。「付け焼き刃」で自由研究の教材を買い与えて、適当にやらせてしまうか。もしくは、一緒に潮干狩りや古墳巡りをして、研究のヒントを与えているか。進学塾に通う子が小学6年生なら中学受験は半年後。その入試結果で笑うことのできる親子はどちらのタイプか。それは言わずもがなである。 

 

受験成功する子 = 自ら探求できる子

ってのは夏休みの自由研究に現れる点については賛成だけど、

自由研究の誘導だけで醸成できるものではない。

 

日常で、子供の「なぜ?」だろうを導いてあげることが大事。

一気に遊び倒せる時間が夏休み。

「絶対合格するぞー」と叫びながら、受験勉強をやりきった夏の思い出もあるけれども、ほとんど記憶がない、心躍って今でも覚えているのは、海外旅行、虫採り、魚釣り、潮干狩り、BBQ、キャンプ、海、おじいちゃん家とか遊びを通して学んだものである。

 


進学校に入って、大学・社会人と歩んできた人間としては、お受験パパママに言えるのは、進学校に入ることはあくまで通過目標であることを考えると、一生を決める価値観の形成に重きを置いて、原体験をつくってあげたほうが子供のためになると思うと自分の小学生の夏休みを振り返りながら思った。

 

 【了】

ホリエモンロケットをみて、ロケットとミサイルの違いを考えた

2017年7月30日 ホリエモンロケット! 

 

MOMO初号機打上げ実験の進捗状況について | インターステラテクノロジズ株式会社 – Interstellar Technologies Inc.

 

www.huffingtonpost.jp

 

残念ながら、宇宙に届かなかったホリエモンロケットですが、

夢がある事業なのでものすごく好きです。

 

ITベンチャーで成功を収められた名だたる方々が協力応援しているのをみると

下町ロケットならぬ、ベンチャーロケットと言っても良さそうです。

 

 

 

さて、盛り上がりを見せたホリエモンロケットがある一方、北朝鮮ミサイルも話題になっており、ふと、そもそもロケットとミサイル(弾道ミサイル)って何が違うんだろう気になった方も多いのではないだろうかと思います。

 

早速、「ミサイルとロケットの違い」とググる

f:id:yooshu:20170730202415p:plain

ググって出てきたのは、ハフィントンポストの下記の記事

www.huffingtonpost.jp

 

北朝鮮の弾道ミサイル、人工衛星打ち上げロケットこの2種類の

実験が行われているのに対して、何を打ったのかで表現が違うところがこの記事の発端のようだ。

 

防衛白書09年度を引用し、説明している。

弾道ミサイルと人工衛星打上げロケットは、基本的に1)エンジン部構造(推進剤タンクを含む)、2)段間部構造(切り離しを行う部分)、3)搭載機器(誘導機器、電波機器、姿勢制御用電子機器等を収納)、4)ペイロード部から構成されており、ペイロード部に人工衛星を格納するか、弾頭を格納するかに違いがあるが、構造上ほぼ共通している。

 

構造上はほぼ共通で積載する物が、弾頭を格納かどうかの違いみたいですね。

弾道ミサイルを作る技術とほぼ同じということで、技術は使い方ですなー。

科学技術の発展も含めて、民間での挑戦が大事ということですね。

http://i.huffpost.com/gen/3974462/original.jpg

防衛白書を引用したはフィントンポストより

 

記事の中だと、北朝鮮の掲載物がなんなのかに注目されていて、

弾頭か、人工衛星になっていますが、MOMOは「世界最低性能ロケット」で

観測機を掲載しているようです。

さらに、僕らの夢も掲載しています!!!!!!

全然違いますね〜

 

 

dentsu-ho.com

 

 

「世界最低性能ロケット」なんじゃそれと思いますが、

ホリエモンロケットを手がける

インターステラテクノロジズ株式会社 – Interstellar Technologies Inc

のミッションは、

 誰もが宇宙を目指せる時代。
世界中の誰よりも、
小型で低価格のロケットをつくる。
目指すのはロケット業界のスーパーカブ
宇宙をもっと身近に、もっと気軽に。
誰もが宇宙に手が届く未来を。

「ロケット業界のスーパーカブ」「誰もが宇宙に手がとどく未来を」

スーパーカブで旅をした経験を持ち、宇宙への旅を夢見る私としては

是非叶えてもらいたいと思います。

 

今後に期待です。

 

 

【了】

 

 

 

 

見習いエンジニア備忘録 Android App01

普段はとある事業会社のマーケティングとプロデューサーをやっているのだが、

完全にやってみたいという多いから不定期ですが、朝活として社内のしっかりした若手エンジニアのA氏の協力の元、開発の勉強をはじめた。

 

はい、"自称"見習いエンジニアです。

 

開発用語がわからなくて、やばばばばなかんじだが、実際に動いた時の感動は大きい。

せっかくのなので備忘録として、今後は記録していきたい。

 

今までやったこと

Cordova

Angular JS

Android Studio

Weather API  http://api.openweathermap.org

 

いまは、朝気持ちよく起きるためのアンドロイドアプリ。天気APIで日の出の時間を持ってきて、晴れの日に限定してアンドロイド端末で日の出の30分前にアラームを鳴らして日の出を浴びて気持ちよく1日をスタートさせるアプリを開発中。

晴れた日に、日の出をみて最高の1日をスタートさせるアプリ

"Hi no de" (仮)

 

東京とセブの日の出時間と、天気をAPIで取得し、HTMLとJSで、WEBとCordovaで表示するところまでやったので、Android端末でアラームを鳴らす作業中

 

今日やったこと

アラームを実機で鳴らすために

・ターミナルでエイリアスを作る。

Android Studioの更新 (スマホを変えたので)

Android端末をデバックモードにする。

 

メモ:

・ターミナルでエイリアスを作る。

「何回も入力するの、やるのめんどくさいので

Sublimeの時と同じように、ディレクトリーにいきやすくするために

シェルのバッシュにエイリアスをつくりましょう。」

 

「?」しかなかったので都度確認。

 

言葉を調べると

シェル shell = コンピュータと人は直接話せないので、かわりに伝えてくれるプログラム。受付のおねえさん。

バッシュ bash  = シェルのひとつ。Bourne Again Shell 受付のお姉さんのひとり

エイリアス alias  = Windowsでいうショートカット。別名 

 

Aliasの作り方 

→今回は、MyAppって打つと、"cd ~/workspace/cordova_app/MyApp"に移動。

 

vim ./bashrc を入力。なんかバッシュにひもづく設定ファイル?

o を押すと、次の行に移動、i  を押すと、そのカーソルがあるところに移動 :

今回は、alias MyApp="cd ~/workspace/cordova_app/MyApp" と記載。

:wで書き込む

:q でもどる

source ~/.bashrc を参照して

MyApp って打つとMyAppに移動しましたー!

 

 

 

Android端末をデバックモードにする。

`cordova run android`とTerminalで入力しても、動かなかったので、

Android端末をUSBでつないで、Terminalで `ads` `ads devices` と入力すると端末情報が読み取れるか確認できる。つまりつながっているかどうかを確認。

デバックモードにするのを忘れていたので対応。

動いたー!

 

 

そんな朝の一時間。感謝!

 

 

IT留学(プログラミング留学)に行きたいので学校を比較表にしてみた。

マーケターである僕が、個人的にも気になっているIT留学(プログラミング留学)ができる学校を調べていたら、比較できる場所がなかったのでる学校を調べてみたので共有します。

 

基本的には、聞いたことのある学校とググって上位に挙がってくる学校

NexSeed(ネクシード) http://nexseed.net/

Kredo(クレド) https://kredo.jp/

AHGS(アーグス)http://xn--mckzb595rgyv.com/global-it/

MISAO(ミサオ)http://india-it-school.com/

ActHouse(アクトハウス)https://acthouse.net/

 

※2017/06/27時点

 

情報は、基本的には誰もがオープンアクセスできるデータ

・WEBサイトから取れる情報(ソースコードも含む)

・第三者ツールで取れる情報(Similar Web)

↓↓↓

会社名、エリア、英語授業、プログラミング学習に使われる言語
プログラミング学習コース、授業料目安
サイトタイトル、サイト説明
h1周り(一番、伝えたいメッセージ?)
url、og:image、meta keyword、サイト規模(Similar Web)

 

IT留学(プログラミング留学)学校一覧

 

 

行ってみたいと思わしてくれるような内容も多かったです。 

まぁあえて批判的にいえば、学校のホームページ見てもわかんないところは多いなーというのが総評です。具体的にいえば、プログラミングを学ぶカリキュラムがわかりづらかったり、いろんなコースがあってどこにユーザーとしていっていいのか迷子になったり、問合せしないと料金表がないので金額をイメージできないとか。etc...

 

ここで挙げているのは客観的な情報だけですが参考までに。

 

【了】

【フィリピン広告事情】Jollibeeジョリビー vs プロダンサーのダンスバトル CM動画が面白い

フィリピンでYoutube動画のInstream広告に

20人くらいのダンサーが踊るカッコイイCMが出てきたので普通にみていたら

突然、Jollibee(ジョリビー)のキャラクターたちが登場して、ダンスバトルがはじまったw

最初は違和感あったけど普通に、中の人もダンスがうまくてなんとも言えない感動を覚えたのでシェア。

 

f:id:yooshu:20170628121409p:plain

*Youtube動画よりキャプチャ作成

 

 

 

Jollibee といえば、フィリピンのソウルフードであり、

フィリピンで一番人気なファーストフード店マクドナルドよりも人気〜!

フィリピン人がジョリビーに行く理由は

友達「ジョリビーは値段が安いし、それにとても美味しいんだ。あとは、幼い頃から食べているからすごく懐かしくなる味だと思う。」

昔から食べている。まさにソウルフード

 

詳しくはこち

schoolwith.me

 

さて、こちらがジョリビーとプロダンサーのカッコイイダンスバトル

www.youtube.com

 

対戦しているUPeepzはMegaCrew DivionでHip Hopの世界大会で金賞をとっているフィリピンのダンスクルー!普通にかっこいいですね。

UPeepz - Philippines | Gold Medalist MegaCrew Division at Hip Hop International's 2016

 

www.youtube.com

 

 

ジョリビーとUPeepzのバトルに、フィリピン人が熱狂している様子は#タグでw

twitter.com

 

 

かっこいいプロダンサーと可愛いジョリビーキャラクターの異例のコラボレーションwおもしろいCMですね。
キャラクター認知率は定かではないですがここセブ市街ではほぼ100%に近いのではないと思います。フィリピンにおけるキャラクターを活用したブランディングで一番成功しているのは間違いなくジョリビーだと思います。

 

 

ちなみにジョリビーのメインキャラクターの名前は、

Mr.Jollibee!

そのままですw

 

f:id:yooshu:20170628120553j:plain

Photo by : twitter.com/Jollibee

 

【了】

やりたいことをみつけたらまずは20時間続けてみよう|スキルと時間

 

大学生は気づいたら時間が過ぎていったり、社会人になると自由な時間は限られてくるので時間をいかに使うかは重要になってくる。

 

特に、やりたいことをみつけて、時間を投資すると考えると

自分に向いているかどうかを見極めるにはどれくらいの時間が必要なのだろうか。

 

スキル習得の3つの段階

どれくらいの時間をかければ、どれくらい習得できるのかは、

3つの段階である。

  1.  一流のスキル習得:10,000時間(目安:1日9~10hで3年) 

  2. 周囲に認められるスキル習得:1,000時間〜 (目安:平日2時間で2年間) 

  3. 自分で実感するスキル習得:20時間以上(目安:平日1時間で4週間)

一流のスキル習得:10,000時間(目安:1日9~10hで3年)  

1.一流のスキル取得は、プロフェッショナルと呼ばれるそうである。

スポーツ選手やアーティストなどなど。ちなみに日本の労働時間の平均は、OECDによると約1,750時間のようだ。単純計算で、5年以上働いている人は何かしらのプロフェッショナルであると呼びたいが、いかがだろうか。

 

またこの「10,000時間の法則」についてはフロリダ州立大学のK.アンダース・エリクソン博士が提唱し、マルコム・グラッドウェルの著書「天才! 成功する人々の法則」で有名になった概念となっている。

matome.naver.jp

成功していた人は、10,000時間は最低かけている!って言われるとそうなんだろうなと思う。10,000時間かければ成功するのか?についてはわからないしかける密度にもよるなーと思いつつも確かになと思うところが強い。

 

周囲に認められるスキル習得:1,000時間〜 (目安:平日2時間で2年間)で

2.周囲に認められるスキル取得は、高校部活が一番イメージできる。2年間本気で部活をやればある程度の力はついているといえよう。

も小学生からはじめ、中学高校と部活やクラブチームでサッカーを続け、その後プロになる。平日2時間を2年間で1,000時間だとすると、10歳ではじめ、20歳で10,000時間に到達する。しかし、諦めずに続けている人が最後は勝つのか、10,000時間以上同士のその先にも1流の中での戦いはさらに別の次元であるだろう。

 

また大学の場合は、5,000時間ほどで、1と2の間に位置しており、大学設置基準の第21条によれば1単位あたり、45時間(予習・復習を含む)なので卒業124単位だとすると、約5,000時間となる。専門学校は、時間制で1年800時間以上、2年生なので1600時間となる。大学生時代こんなに勉強していなかったことにショックを受ける。。。社会人になって気づくもったいなさ。。。

 

自分で実感するスキル習得:20時間以上(目安:平日1時間で4週間)

次に、3.自分で実感するスキル取得は、趣味や習い事や朝活と考えるとわかりやすい。

20時間続けてみて向いているか、どうかを判断するのも面白い。

仕事以外に、20時間以上続いている趣味や習い事はあるか、まずは20時間ならやってみようと思うかものがあるかどうかの基準になりそう。

20時間は、ジョッシュ・カウフマンにのTEDで紹介されているので、

 

www.ted-ja.com

 

何でもいいから20時間練習してみてください。何を学習したいですか? 言語ですか? 料理でしょうか? 絵を描くことでしょうか? 何に興味がありますか? あなたをときめかせる事はなんですか? それをやってみてください。たったの20時間しかかかりません。楽しみましょう。

 

まずは興味を持ったら、つべこべ言わずに、20時間やってみることの大切さを教えてくれる。筋トレやら、英語学習やら、プログラミング学習やら、読書やら、

まずは、20時間以上やってみることは、

大きな決断をしようとする人にとっても有効的だと思う。

イメージで決断しないで、まずは20時間実験だと思ってやってみることを癖付けることができれば、前に進みながらも、後悔することを回避できる。

 

まずは20時間実験してみて、次のステップである1,000時間を目指し、仕事辞めて留学したり進学したり、仕事をしながら勉強やトレーニングしたり、必要に応じて学校に通ったり、仕事をかえたりするのも、時間と照らし合わせやっていきたいものだ。

 

例えば、大きな判断の前の「20時間チャレンジ」

・海外で大学進学を目指すなら、オンラインの授業をCorseraなどで受けてみる。

・語学留学に長期で行きたいなら、仕事を辞める前に体験で1週間行ってみる。

・起業するなら、仕事を辞める目に20時間で何か作ってみる。

 

まとめ

当たり前だが、はじめることが大事である。

  1.  一流のスキル取得:10,000時間(目安:1日9~10hで3年) 

  2. 周囲に認められるスキル取得:1,000時間(目安:平日2時間で2年間) 

  3. 自分で実感するスキル取得:20時間以上(目安:平日1時間で4週間)

 

「0」→「20」→「1,000」→「10,000」

 

そして、目標を高く持ちすぎるとイメージでの判断が先行してしまう。

まずは、20時間を目指してやってみよう。

 

 

<了>

 

 

6月14日は世界献血デー | 今日は何の日

きょう6/14は #世界献血デー らしいですね。

献血=命を救う贈り物」ということを知ってもらうための、啓蒙活動が行われているようです。


WHO(世界保健機構)のホームページでも書かれております。

www.who.int

 

サイト内にあるバナー

http://www.who.int/entity/campaigns/world-blood-donor-day/2017/wbdd-afro-630.jpg

 

複数あるこけど、2017年のメッセージは、

 

Don't wait until disaster strikes 災害が起こるのを待つな。

What can you do ?  あなたになにができる?

GIVE BLOOD  血液をあげる

GIVE NOW   いまあげる

GIVE OFTEN  よくあげる

 

啓蒙活動は日本でも行われそうですね。